A.L.I.がDe-SPACによりNasdaq上場

(画像は、AERWINSのHPより拝借させていただいております。)

2023年2月6日、ドローンやホバーバイク等のエアモビリティの開発を行っているA.L.I. Technologies(以下、A.L.I.)の持株会社が、米国のSPAC(Pono Capital Corp.)との統合(De-SPAC)を完了し、社名をAERWINS Technologies Inc.へ変更をし、Nasdaqへの上場を行いました。(A.L.Iのプレスリリースより)

A.L.I.、Nasdaq上場までの経緯

A.L.I.は、米国に持株会社となるAERWINS Technologies, Inc.(以下、AERWINS)を設立し、買収目的会社(Special Purpose Acquisition Company:SPAC)であるPono Capital Corp.(以下、Pono)と統合によりNasdaqへの上場を企図していることを、2022年9月7日に発表していました(LINK)。その後、2022年12月1日にはPONOがSECへForm S-4を提出し、その後何度かS-4の修正が行われ、2023年1月13日にはS-4が有効(Effective)になっていました。

SPACは通常、上場後24カ月以内に買収相手を見つけ、統合を実行することが要求されています。Ponoは2021年8月13日にNasdaqに上場していたので、2023年8月までにDe-SPACを完了することを目指すスケジュールでした。2000~2021年には大きなブームとなったSPACですが、近年は急速に下火になり、De-SPACを完了できずに解散するSPACが続出している状況でした。

なお、Ponoの監査人はMarcum LLPで、AERWINSの監査人はTAAD LLPです。De-SPAC後どちらの監査人が監査を継続するのかは現時点では明らかになっていません。

A.L.I. 会社概要

※かっこ書きは今回上場した米国法人の情報

  • 社名:株式会社A.L.I.TechnologiesAERWINS Technologies Inc.
  • 本社所在地:東京都港区芝公園3丁目1番8号 芝公園アネックス6階(101 Jefferson Drive 1st Floor, Menlo Park, California 94025 United States of America)
  • 代表:代表取締役社長 片野大輔(Shuhei KOMATSU / Director, Chairman and CEO)
  • 設立:2016年9月
  • 資本金:1億円 ※2021年12月末現在
  • 事業内容:
    -ホバーバイク(空中移動用バイク)の研究開発、製造、販売
    -産業用ドローンの研究開発、コンサルティング
    -産業用ドローンを用いた点検、測量等の運用
    -ドローンの統合運航管理システムの研究開発
    -クラウドGPUサービスの提供

SPACに関する弊社の他の記事もぜひご覧ください。

東証の100倍の資金を集めるアメリカの特別買収目的会社(SPAC)

SPACを経由した米国上場の舞台裏を、2020年一番の大型案件を使って解説

SPACスキームにおけるFPI上場の可能性

コインチェックがSPACを利用してNasdaqに上場か

 

弊社は、Nasdaq上場を目指す日本企業のサポートを行っております。どうぞお気軽にお問い合わせください(Contact US)。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。