US IPO

メディロム、Nasdaq上場へ

(最終更新日:2021年1月15日)

メディロム、Nasdaq上場へ

関東を中心にリラクゼーションスタジオRe.Ra.Ku(リラク)を展開するヘルスケアサービスの会社である株式会社メディロムがNasdaqへIPOを行う計画が承認され、先日SECへの登録申請が完了し、今月(2020年12月)にもNasdaqに上場する見込みとなっています。

メディロムがNasdaqに上場すれば、日本で株式公開をせずに米国上場をするのは1999年のIIJ以来21年ぶりとなるとのことです。この数年、水面下ではNasdaq IPOを計画していたベンチャーは数多くあったのですが、メディロムが先陣を切る形となりました。

メディロムの登録届出書(Form F-1)はすでにSECのウェブサイトに公開されているのですが、これを読み解くと興味深い事実が分かってきます。

会計監査人は日本飛ばし

メディロムの会計監査を行ったのは、Squar Milner LLPという、カリフォルニア州アーバインにある会計事務所です。Squar Milnerは南カリフォルニアベースのローカルな会計事務所だったのですが、ちょうど先月(2020年11月)にBaker Tillyという会計事務所と合併しました。Baker Tillyは全米にネットワークを持つ、米国第12位の規模を誇る会計事務所で、日本にもオフィスを構えて、ネットワークを持っています。

今回メディロムの監査にあたっては、Squar Milnerは日本のネットワークファームではなく、米国のオフィスが直接監査を行いました。これまで日本の会社が米国で上場するには、PCAOBに登録された日本の会計事務所、具体的には有限責任あずさ監査法人、EY新日本有限責任監査法人、PwCあらた有限責任監査法人(あるいはPwC京都監査法人)、有限責任監査法人トーマツのいずれかの監査を受ける必要がある(それ以外の選択肢がない)と考えられていましたが、今回アメリカの会計事務所と直接契約し、監査を受けるという前例が出来たということは、今後アメリカに上場することを検討する日本のスタートアップにとっては選択肢が増えたと言えると思います。

ブックランナーはMaxim Group

IPOにあたり引受を行った投資銀行はMaxim Group LLCでした。MaximはNYに拠点をおく投資銀行で、元々はInvestecの米国子会社が2002年にスピンオフして誕生したファームです。日本に拠点は無いのですが、フロンテオ(旧UBIC)がNasdaqに上場した際にブックランナーを務めたのもこのMaximでした。今回IPOにより調達する金額は$2,000万(約20億円)であり、Maximは単独でブックランナーを務める計画です。

リーガルカウンシルはGreenberg Traurig

法律事務所はグリーンバーグ・トラウリグ(Greenberg Traurig, LLP)です。日本にも拠点(GT東京法律事務所)があり、前述のフロンテオのNasdaq上場の際にもカウンシルを務めていました。

IPOにかかる費用

メディロムの株式公開に関して支払われた、underwriting discounts
and commissions and expenses
以外の上場関連費用は以下の表をご参照ください。

米国証券取引委員会(SEC)の登録費用、Financial Industry Regulatory Authority (FINRA) へのフィー、およびNasdaq Capital Market(*)への上場費用以外の項目は概算であり、今後偶発事象の影響で変動する可能性があるとのことですが、総額約3.5億円程度となっています。

また、このIPOによりメディロムの時価総額は$7,700万(約77億円)となり、資金調達額は$1,200万(約12億円)でした。

 

内訳

USD

日本円

100/ドル換算)

米国証券取引委員会の登録費用

2,728

272,800

Financial Industry Regulatory Authority(FINRA)
への提出費用

3,605

360,500

Nasdaq Capital Market(*)への上場費用

54,973

5,497,300

会計関連費用

1,411,828

141,182,800

リーガル関連費用

1,719,774

171,977,400

ロードショー

49,536

4,953,600

印刷料

253,149

25,314,900

その他

92

9,200

合計

3,495,685

349,568,500

 

(*)Nasdaq Capital Marketについては過去の記事をご参照ください。

米国証券市場ガイド 第4回:Nasdaq上場要件 – Quantum Accounting Inc.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。